【30MM】高機動型用オプションアーマー レビュー

30MM

どうも、マカセです!

今回は、新発売されたものの一つ、シエルノヴァ用高機動型用オプションアーマーを見ていきますよ!

正直に言います。

マカセ
マカセ

これ出るのを心待ちにしていました!

というのも、僕が30MMで作りたかった、あるいは再現してみたかった機体を実現するのに、鳥の頭のようなパーツや球体状のパーツが必要だったのですが、今までのキットではそれにあたるパーツが無く、実現が難しかったのですが…

このオプションアーマーでは、なんとその2点をばっちりカバーしてくれました!ついついたくさん買ってしまった…( ˘ω˘ )

それではさっそく見ていきましょう!

ブラック版

今回は運よく2カラー手に入れることができたので、どっちも見ていきますよ!

まずはブラックからどうぞ!

パッケージ・付属品

f:id:imasala:20201212222752j:plain

パッケージ。

相変わらずの袋タイプで、どでかく機体が写っている背後に運用イメージが描かれている、という構図も、エグザマクス本体や他のアーマー、オプションウェポンと同じですね。

f:id:imasala:20201212222804j:plain

ランナー。今回はA10ランナーが使用されています。

f:id:imasala:20201212222806j:plain

ホイルシール。

このキットで使うシールは、頭部センサーの細長い部分のみというほんのわずかな範囲なのに、一部のラビオット用アーマーと同様、かなり広範囲にわたって余剰部分が付属しています。

これは切り出せばいろいろな場所に流用できるので、かなりありがたいことですね…!

高機動型シエルノヴァ(ブラック/ホワイト)

装着した時の姿です。今回ベースに使用したのは、本アーマーと同時発売の、シエルノヴァ(ホワイト)です。

f:id:imasala:20201212222847j:plain

f:id:imasala:20201212222850j:plain

全体像。

鳥のクチバシっぽい感じの斬新なフェイスマスクに加え、横に広がる球体状の何かが特徴的です。しれっと胸部装甲や、球体を接続している肩アーマーも新規造形になっているのもポイントですね。

f:id:imasala:20201212222900j:plain

空中機動的な動きを撮らせてみる。

そのままでも割と様になっているからすごいですね…

欲を言えば、マルチブースターなどでもう少し推進系を増やしたいのですが、シエルノヴァの関節の緩さはホワイト版でも改善されていなかったためか、なんとアーマーの重さに負けて腕が垂れ下がってしまうのです…

なので、出来る限り軽量のカスタムをするか、いっそのことポルタノヴァに使用してみるのもいいかもしれませんね。

カスタム例

f:id:imasala:20201212222908j:plain

軽量カスタム案その1.

球体を取り払い、陸戦アルトの装甲を媒介に、シエルノヴァ用オプションウェポン付属のシールドを接続しています。

f:id:imasala:20201212222820j:plain

作りたかったものをある程度実現させてみる。

まだまだ練り直す必要がありますが、こちらはメタルギアソリッドピースウォーカーに登場する、【ピースウォーカー】を再現しようとした機体になります。

一応変形機構も搭載し、二足歩行形態になることができますが、構造を完全再現したわけではなく、一部は独自に加えた機構も含まれています。

ブルー版

続いてブルー版を見ていきましょう!

一応中間地点になるので、目次ももう一度置いておきますね。

パッケージ・付属品

f:id:imasala:20201214222122j:plain

パッケージ。色と背景の運用イメージがちょっと違うだけで、その他の構図などは他のキットと大差ないようです。

f:id:imasala:20201214222155j:plain

ランナーはブラック版と同じくA10ランナーが使用されています。

f:id:imasala:20201214222224j:plain

ホイルシール。

こちらもブラック版のものと同じですね。

高機動型シエルノヴァ(ブルー/ホワイト)

早速ですが、シエルノヴァにセットしてみました!ベースにしているのは先ほどと同じくシエルノヴァ(ホワイト)です。

f:id:imasala:20201214222249j:plain

f:id:imasala:20201214222310j:plain

全体像。

色が違うだけで、形状はブラック版と全く同じですね(当たり前)

ただ、明るめのブルーになっているおかげで、ぱっと見の印象がブラック版よりも明るめになっているような気がします。ロボットアニメとかの主人公サイドにいそうな感じ?

使用例

f:id:imasala:20201214222446j:plain

ついさっき(12/14の22時ごろ)Twitterにアップした、最後のあがきのような感じの機体です。

一部パーツを撤去したり通常版に戻した後、アタックサブマリンのパーツを空いたスペースに張り付けていくことで再現することができます。

f:id:imasala:20201214222447j:plain

後から。

バックアップには無理やり感がマシマシですが、タンクのようなものを接続。

ブルーとブルーグレーは色合いが微妙に違いますが、同系統の色であるためか、割といい感じに色合わせができているんじゃないかなと思います。

おわりに

以上、高機動型オプションアーマーのレビューでした!

冒頭でも書きましたが、文字通りとがったフェイスマスクや球体状のパーツなど、30MMにはこれまで存在しなかった形状のパーツが付属しているので、シエルノヴァやポルタノヴァをドレスアップすることはもちろん、これまでになかった機体の製作、改造にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

それでは今回はこの辺で。みなさん良いプラモライフを!

↓ブラック版

↓ブルー版

タイトルとURLをコピーしました